author アキ ロバーツ : アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) – PDF EPUB

  • Kindle版 (電子書籍)
  • null
  • アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)
  • アキ ロバーツ
  • ja
  • 19 January 2020
  • null

アキ ロバーツ ¾ 5 Read

Summary アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) アキ ロバーツ ¾ 5 Read アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) Free download Ú 5 してもらえる」 【第5章】大学の価値って何 ・成績インフレ ・大学を支配するミレニアルズ ・高い授業料の経済的見返り ・長生きする大卒者 ・大学キャンパスでの性的被害 ・文系学部の廃止 ・28歳までに平均6回転職 【第6章】アメリカを「鏡」に日本の大学を考える竹内 洋 ・ヴォーゲルの診断 ・「3日やったらやめられない」 ・学生ローンの借り入れ総額1兆ドル ・ミレニアル世代と「リゾート・ホテル化」する大学 ●配偶者雇用 ・アカデミック・カップルの救済 ●AO・多面・総合入試 ・面接試験と階級・身分集団 ・身分・階級・学歴 ・AO・多面・総合入試はすばらしいか ●大学スポーツ ・GDP600兆円に寄与 ・超名門大学アシスタント・プロフェッサーの御利益 ・任期制教員を隠れ蓑にする大学「正教員」たち ●「枯れ木」教授問題 ・大学教員の「世代間研究業績」格差 ・年長世代の支配とサバイバル戦略 ・「紀要」貧乏と「紀要」小金持ち ●大学の価値と文系の危機 ・「私の履歴書」が映し出すもの ・大学政策をめぐる攻防 ・「『人文社会系軽視』は誤解」の不

Summary アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

Summary アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) アキ ロバーツ ¾ 5 Read アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) Free download Ú 5 ット・デメリット ・終身雇用を約束される大学教授 ・消えていくテニュア付教授 ・名門大学卒でないとテニュアは無理か ・テニュア・トラックになる裏道 ・ギャンブルのような配偶者雇用 ・テニュア審査合格への道 ・美人はテニュアに有利 ・「枯れ木」教授 ・若い研究者の芽を摘む ・テニュアに落ちたら ・テニュア・トラックは女には向かない職業か ・テニュア制度の終焉 【第3章】庶民には手の届かないアメリカの大学 ・世界一高い授業料 ・授業料高騰の原因 ・州に見捨てられた州立大学 ・庶民はハーバードにタダで行ける ・大学スポーツは大学財政の救世主なのか ・毎日ロブスターとステーキ ・破産し始めた大学 ・授業料ディスカウントのしくみ ・学生ローン地獄 【第4章】アメリカの大学受験の勝者はだれ ・トランプの娘も 名門大学で優先されるレガシー ・レガシー優先入学の歴史的背景 ・人種間による格差とアファーマティブ・アクション ・過小マッチングと貧困層の学生 ・出身階層よりも人種を優先 ・「控えめな文化」の弊害 ・「きしむ車輪は油を 240 95% A

Download ´ PDF, eBook or Kindle ePUB free ¾ アキ ロバーツ

Summary アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) アキ ロバーツ ¾ 5 Read アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書) Free download Ú 5 日本の大学改革がアメリカを「お手本」にして、本当にいいのか 現役アメリカ大学教授による渾身のリポート そこから考察した「日本の大学論」も収録。 すべての大学関係者、受験・留学希望者、保護者必読 ・超名門大学が「階級格差」を再生産 ・世界一高い授業料、学生ローンは100兆円超え ・過酷な教員終身雇用テニュア審査 ・大学に居座る「枯れ木」教授 ・学生の成績はインフレ状態 ・コロンビア大学長の報酬は年4億6千万円 ・大学スポーツのコーチ年俸7億円・実用主義vs文系リベラル・アーツ ・大学を冷遇する反知性主義の政治家たち ――目次から―― 【第1章】ランキングからみるアメリカの大学 ・世界大学ランキングで有利なアメリカ ・大学ランキングを「攻略」せよ ・ランキングを上げて「2億円の慰労金」 ・アメリカの学部生にとっての「名門」大学とは ・大学教授に好まれる大学とカーネギー分類法 ・R1は名門大学の証 ・R1とR2の格差 ・四年制大学に進学しない事情 ・営利大学での学位は「キワモノ」扱い 【第2章】「テニュア制度」終身雇用制のメリ