Read author 加藤 直樹 : 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 – EPUB


  • null
  • 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価
  • 加藤 直樹
  • ja
  • 14 December 2019
  • null

加藤 直樹 × 8 FREE READ

FREE READ 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 108 く広範な環境の分析について学ぶ。加えて、企業による重要な非財務の発信情報の把握について論じる。 第III部「財務情報の分析」では、分析対象企業の主要な財務諸表、財務情報に対して留意すべき点を理解する。さらに、「日本基準」「米国基準」「IFRS」の3つ会計基準への対処について論じる。第IV部「投資価値評価と投資格付」では、投資意見を形成するうえで必要となる、さまざまな投資評価手法を紹介するとともに、投資格付について論じる

REVIEW ´ eBook, ePUB or Kindle PDF × 加藤 直樹証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価

FREE READ 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 108 3種類の会計基準「日本基準」「米国基準」「IFRS」に全面的に対応した、証券アナリストの基本である「財務・証券分析」を学ぶための入門テキスト。企業分析・財務分析・業界分析を一体で理解できる。証券アナリストとは、投資対象企業の分析を行い、そのうえで投資推奨を行うリサーチャーを指す。より広義には、資産運用・管理を行うポートフォリオ・マネジャーや投資方針を策定するストラテジストなど、資本市場において多様な投資意思決定

REVIEW 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価

FREE READ 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 108 ロセスに関与するプロフェッショナルを総称する。 本書では、証券アナリスト業務を遂行するうえで理解すべき必須の内容が、以下の4部16章で構成されている。第I部「証券アナリストの機能と役割」では、証券アナリストの歴史を概観したうえで、資本市場において果たす証券アナリストの役割、長期業績予想の意義などの基本的事項を学ぶ。第II部「企業分析の基礎」は、個別企業の投資評価に際して必要となる、マクロ経済・産業等の企業を取り巻


1 thoughts on “Read author 加藤 直樹 : 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 – EPUB

  1. says: Read author 加藤 直樹 : 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 – EPUB

    Read author 加藤 直樹 : 証券アナリストのための企業分析(第4版): 定量・定性分析と投資価値評価 – EPUB 5年ほど前に証券アナリストの2次試験に合格して以来、すっかりこの分野の勉強から離れてしまっていたので、復習のために購入しました。証券アナリストの入門書としてちょうど良いレベルだと思います。必要最低限のことが、コンパクトにまとまっているなと感じました。個人的には、証券アナリストの歴史

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *